一般の取引と信用取引でこのような違いが!

信用取引なら資金の3倍までの資金を使える

株式の取引には一般の取引と、信用取引という取引があります。この違いの大きなポイントとしては、信用取引であれば、自分が口座に入れた資金の3倍までの資金を使うことができるということを挙げることができます。例えば、100万円口座に入れていた状態であれば、その3倍の300万円の資金を運用することができるということになります。これは、保証金を口座に入れておいて、お金は証券会社から借りて、株の取引をするということになります。 一方、一般の取引の場合は、口座に100万円あれば、100万円分の株しか購入することができないということになります。ですから、少ない資金しかない場合は、利益を狙うチャンスがあったとしても、購入できる株が少ない分、利益も少なくなってしまうということが言えます。

信用取引であれば空売りをすることができる

信用取引と一般の取引の大きな違いの一つとして、空売りができるかできないかの違いがあります。空売りとは、証券会社から株を借りて、それを株式市場で売ることを指します。当然、借りた株は返す必要がありますから、6か月以内に株を買って返さなければなりません。 この空売りができると、どのようなメリットがあるのかというと、株価が下落しているときにも利益を狙うことができるというメリットが考えられます。借りた株を返す時に、自分が売った時の価格よりも安い価格で買い戻すことができれば、その分の差額が利益になるということです。この空売りは、一般の取引ではできないことなので、信用取引のみで行うことができる取引方法になります。